アコースティックギター超入門

アコースティックギター超入門

アコースティックギター超初心者のための入門ブログ

ギターの弦の種類

ギターの弦にはたくさんの種類があり、それぞれに特徴があります。

どれが良いのかは好みなのですが、一般的なものをあげておきます。

ブロンズ弦

一般的にアコースティックギター(フォークギター)に使われる弦です。
巻弦に銅が使われています。

フォスファーブロンズ弦

こちらもフォークギターに使われる弦ですが巻弦に銅とリンを混ぜたものが使われています。
ブロンズ弦より長持ちすると言われています。

コンパウンド弦

巻弦の芯にシルクが使われています。
ブロンズ弦とナイロン弦の中間の音色で、弦を押さえたときも柔らかい感触で初心者に向いています。

ナイロン弦

クラシックギター、ガットギターに使われる弦です。
柔らかいく指がブロンズ弦などに比べると痛くなりにくい弦です。
ボールエンド(弦の一端に付けられた輪状の金属のこと)が無いものが多のでアコースティックギターに張る場合は注意が必要です。

ニッケル弦

主にエレキギターに使われる弦です。

ステンレス弦

ステンレスで作られる弦です。
弦が錆びにくく、長持ちします。
これもエレキギターで使われることがほとんどです。

まとめ

弦の種類によっては弾きやすい、弾きにくいと人によって変わって来ます。

好みの音色や奏法によって使い分けましょう。